ワンピース空白の100年は邪馬台国がモデル?日本神話との関係を考察!

ONE PIECE(ワンピース)の空白の100年は邪馬台国がモデルなのかを考察していきたいと思います。

そもそも作者の尾田先生は世界の神話や日本の神話を元にワンピースの物語を書いていることも多いですよね。

一番有名なのがワンピースの中で出てくる神の名を持つ古代兵器です。

ポセイドン、プルトン、ウラヌスとギリシャ神話に出てきていた神々をモデルにしています。

今回は日本の歴史を元にしたと思われる、ワンピースの空白の100年と日本の邪馬台国について徹底考察していきます。

 

空白の100年とは?

ワンピースの世界に存在する空白の100年というものがあります。

麦わらの一味で主人公ルフィの仲間である考古学者ニコ・ロビンが幼少期より探し求めているワンピース界の歴史です。

この空白の100年とは、ワンピースの歴史の900年〜800年の間の歴史の記録がポッカリ抜けていることをいいます。

これを不思議に思った、世界の名だたる考古学者が秘密裏に調べていた事が歴史の本文(ポーネグリフ)の研究です。

世界政府はこの空白の100年の歴史を調べる事とポーネグリフを読むことを法律で硬く禁止していました。

ポーネグリフを読むことは世界を滅ぼすほどの兵器、古代兵器を呼び起こす事ができるようになるからです。

古代兵器の使い方や在かがポーネグリフに記されているので、政府は表向きそのことを理由にポーネグリフの研究をすることを犯罪にしていますね。

ロビンの故郷オハラでは、ポーネグリフの研究をしていました。

 

オハラは空白の100年に何が起きていたのか知っていた!?

ロビンの故郷オハラの学者達は、空白の100年に何が起きたのかある程度の仮説を立てていたみたいです。

考古学の権威天才クローバー博士が抱いたポーネグリフの疑問。

  • ポーネグリフの存在理由
  • 過去の人々がなぜ砕けぬ石(ポーネグリフ)を世界中にばらまいたのか
  • 未来に伝えたい事があったのではないか
  • 砕けぬ石を使ったのはメッセージが根絶やしにされたくないからではないか
  • このメッセージを残したものには明らかに敵がいたのではないか
  • このメッセージを残したものは敵に破れ、敵は今でも生きている
  • 空白の100年が開けた瞬間から誕生したのが【世界政府】
  • 滅びたものの敵がもし今の世界政府なら空白の100年は政府によって揉み消されたのではないか
  • ポーネグリフを読むことによって浮かんだ巨大な王国の歴史が跡形もない
  • その滅んだ巨大な王国の思想と存在が世界政府にとって脅威ではないのか

クローバー博士が王国の名前を口にしようとした時打たれてしまいました。

国の名前は聞く事ができませんでしたが、このタイミングで打たれたということは半分以上当たっていたのではないかと思いますよね。

ワンピース41巻で書かれていた内容ですが、いまだに空白の100年に何があったのか分かっていません。

 

魚人島編で分かった空白の100年

ロビンが魚人島で読んだポーネグリフの内容は謝罪文でした。

  • この空白の100年に存在したジョイボーイという人物がいること
  • その当時の人魚姫になんらかの約束をしたこと
  • その人魚姫は古代兵器ポセイドンと呼ばれていたこと

このジョイボーイという人物はいったい誰なのか気になりますよね。

 

ポーネグリフは光月家が彫っていた!

このポーネグリフは代々光月家でしか彫れないようになっていますよね。

つまり、光月家は900年以上前から存在していて、空白の100年に深く関わってくるのだと思います。

どうかかわっているのかは、まだわかりませんが空白の100年を解く鍵を握っているのは確かだと思います。

次は邪馬台国について見てみましょう。

 

邪馬台国とは?

邪馬台国とは日本の西暦249〜592年の歴史に存在したのではないかと言われる歴史の一つです。

この期間は邪馬台国の女王卑弥呼が国を治めていたと中国の歴史書(魏志倭人伝)に書かれています。

しかし、日本の歴史書(古事記・日本書紀)に邪馬台国や卑弥呼の存在が一言も書かれていないんですよね。

特にわからないのが西暦266年〜415年の空白の約150年なんですよ!

中国の歴史書に全く書かれていないこの期間を空白の4世紀とも言われています。

邪馬台国に関しては数々の考古学者が論争を繰り返していますが、いまだに分かっていることは少ないのです。

邪馬台国と大和政権が同じなのか全く違うのかいまだに解明されていないんです。

邪馬台国が終わった後に出てくるのが大和政権なんですよ。

もしかしたら消された日本の歴史かもしれないですよね。

これってワンピースの空白の100年の後にできた世界政府と被りませんか?

また邪馬台国が終わった後に卑弥呼のお墓と呼ばれる場所があります(可能性)が、それを調べることは国が禁止してるんですよね。

なんかワンピースの空白の100年と共通している部分が増えてきた!

次は空白の100年と邪馬台国の共通の部分を考察していきます!

 

ワンピースの空白の100年と邪馬台国には共通の部分がある?

空白の100年と邪馬台国についてこれまで考察してきましたが、この二つには共通点があると思いませんか?

その共通点は

  • 消された歴史がある
  • 消された歴史の後に存在する国を治めるものがいた
  • 調べるのを法律で禁止されたものがある

ここで、重要とされるのがその時代が終わった後にすぐに国の指揮をする者が出てくるということです。

果たして、この前の時代の者達はその指揮者達(世界政府や大和政権)に滅ぼされたのでしょうか?

クローバーの仮説からするとその可能性は高いと思います。

日本の大和政権の前も何があったのか謎なので解き明かされる時がくれば良いですよね。

 

空白の100年はやはり邪馬台国がモデルだった!?

ここではワンピースの空白の100年を日本の歴史に置き換えてみました。

完全に妄察ですので参考までに!

  • ある巨大な王国=邪馬台国
  • 世界政府=大和政権
  • 歴史の解読禁止=古墳の調査禁止

かなり共通の出来事があるので、空白の100年は邪馬台国がモデルだった可能性が高いと思います。

 

まとめ

今回はONE PIECE(ワンピース)の空白の100年のモデルは邪馬台国ということについて考察してみました。

改めて、空白の100年と邪馬台国の歴史は似ていましたね。

やはり尾田先生は空白の100年のモデルを邪馬台国や日本の歴史を参考に書いているのではないでしょうか?

ワンピースのこれからの考察のために日本の歴史や神話をもう一度復習して見るのも良いかもしれませんね。

早く空白の100年の真相がわかると良いですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です