ワンピースレベッカの過去がかわいそう?父との悲しい関係に涙!

ONE PIECE(ワンピース)ドレスローザ編で登場したレベッカ

ドフラミンゴに支配されてしまった自分の国を取り返そうと奮闘する姿に胸を打たれる人が多数でした。

そんなレベッカですが、ドフラミンゴファミリーの一員であるシュガーの能力によって父親をおもちゃに変えられてしまいます

その力によって父親の記憶を失ってしまったレベッカと、おもちゃになってなおレベッカを守るため常にそばにいた父親のキュロス。

ドレスローザ編はレベッカの過去含め感動のシーンが数えきれないほどあります。

今回はONE PIECE(ワンピース)レベッカの過去をまとめてみました!

 

レベッカの過去がかわいそうと感動の声が多数!

レベッカは元ドレスローザ国王であるリク王の孫。

つまり王女です。

そんな彼女がかわいそうという声が多くあがっています。

SNSの声をまとめてみました。

 

レベッカの過去についてかわいそう、という声が数多くみられました。

では、レベッカの過去とはどんなものなのでしょうか?

父親・キュロスとの関係と合わせてまとめてみました。

 

レベッカの過去をまとめてみた!

先述したとおりレベッカはリク王の孫であり、次期王女でした。

リク王の娘・スカーレットと、ドレスローザで剣闘士として戦っていたキュロスとの間に生まれたのがレベッカ。

生まれて間もなくは幸せな生活を送っていたレベッカ。

そんな彼女の身に何があったのでしょうか。

 

スカーレットとキュロスと3人での幸せな暮らし

キュロスはドレスローザでリク王に救われるまで、攻撃的な性格故に人を殺してしまう残虐性を持っていました

そんな自分ではスカーレットと結婚するには相応しくないというキュロスの言葉から、スカーレットは国民には自分が死んだことにします

その後城から出て、国の外れの花畑でキュロスとレベッカと3人で暮らしていました。

生活は国での暮らしから一変し慎ましやかなものになりますが、恐らくこの時が一番幸せだったのではないでしょうか。

 

おもちゃにされた父親「キュロス」の記憶を失う

ドフラミンゴたちがドレスローザに攻めてきたため、戦いに走るキュロス。

城に辿り着き、自ら足を切り落とすほどの抵抗をするキュロスでしたが、抵抗虚しくシュガーホビホビの能力でおもちゃにされてしまいます

シュガーの能力は触れた人間をおもちゃにし、おもちゃにされた人間を人々の記憶から消してしまうというもの

キュロスはシュガーにおもちゃにされてしまった瞬間から、スカーレットとレベッカの記憶から存在ごと消えてしまったのです

 

母親であるスカーレットの死

レベッカに「お腹が空いた」とねだられたため、キュロスに止められていたにも関わらず街に買い物に出かけたスカーレット。

無事にパンとハムを買うことはできましたが、その買い物の帰りにスカーレットは銃で撃たれてしまいます

おもちゃになったキュロスがスカーレットを見つけますが、「誰かは分からないがレベッカに買ったものを届けてほしい」と頼む切ないシーンでした。

 

おもちゃの兵隊と逃げ回る日々

元ドレスローザ王族の生き残りとして追われる身となってしまったレベッカ。

そばにいて守ってくれるおもちゃの兵隊(キュロス)に戦い方を教わりながら、ドフラミンゴの追手から逃げ続けていました。

 

全国民から嫌われながらもコロシアムに出場し続ける

国民を裏切ったリク王の一族ということから、「人殺し」「くたばれ」などと大ブーイングを受け続けるレベッカ。

それでも優勝商品であるメラメラの実を手に入れて、自らの手でドフラミンゴを討つためにコロシアムに出場し続けました

こういう芯の強さこそ、レベッカが読者から好かれる理由かもしれませんね。

 

レベッカの過去についての感想!

幼少期に親を失ってしまったレベッカの気持ちを考えると、かわいそうという一言では表せないほどの壮絶な過去。

レベッカの過去についての感想をまとめました。

 

おもちゃの兵隊に言った自分の言葉に後悔するシーン

父親であるキュロスの覚悟も相当なものです。

おもちゃが自分の正体を明かそうとすると、見張っているドフラミンゴたちの手によってスクラップにされてしまいます

そのため、キュロスは自分の正体を一切明かすことなくレベッカを守り続けていました

そんなおもちゃの兵隊に対し、レベッカは「親でもないくせに」と言葉を投げかけてしまいます。

おもちゃが元の姿に戻った際、自分がかけた言葉を後悔し涙するシーンでは本当に胸が締め付けられましたね。

ルフィに連れられてキュロスを引き止めるシーンは涙なしには見られませんでした。

 

おもちゃの兵隊がレベッカの誕生日を祝うシーン

レベッカは悲しい過去の持ち主ですが、そんな中でも幸せな思い出があることに少し救われます。

おもちゃの兵隊がレベッカのためにケーキを用意し、誕生日を祝うシーンもありました。

レベッカがとても喜んでいる反面、表情に変化のない兵隊を見るとやはり悲しい気持ちになりますね。

 

まとめ

さて、今回はONE PIECE(ワンピース)レベッカの過去をまとめてみました。

ONE PIECE(ワンピース)に登場するキャラは辛い過去を持つものも多いですが、レベッカに関してはかなりかわいそうな過去でしたね。

特に父親であるキュロスと過ごす時間については、思わず涙が零れるようなシーンばかりでした。

最近のレヴェリーのシーンでは無事にキュロスが元に戻り、ドレスローザで一緒に暮らしている描写が見られました。

過去で辛い思いをした分、父であるキュロスと幸せな生活を送ってほしいものです。

今後も一緒に登場するシーンが見られることを楽しみに待ちましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です