鬼滅の刃のあかざが人気の理由は?かっこいいという声が多数!

鬼滅の刃 あかざ 人気

鬼滅の刃の猗窩座(あかざ)が映画『無限列車編』で初登場しました。

映画の煉獄さんと猗窩座の戦闘シーンは迫力が凄かったですよね。

猗窩座は鬼なので敵側ですが、結構人気がありかっこいいと話題になっているそうなんです。

煉獄さんを倒してしまっているので逆に人気がないのでは??と思っていました。

猗窩座の人気の理由は何なんでしょうか。

気になりますよね。

そこで今回は、鬼滅の刃の猗窩座(あかざ)が人気の理由について調べてみました!

 

猗窩座(あかざ)が人気があるって本当?

猗窩座は下弦の壱を炭治郎達が協力して倒し、ようやく一息といった所に突然やってきます。

そして煉獄さんを倒して去っていくので、煉獄さんのファンからは許せない!と言われていますよね。

猗窩座の印象は最初から最悪だったと言えますが、ここから鬼の中で一番好きとまでなる逆転現象がおこります。

何が起きたのかまとめてみたいと思います。

 

猗窩座の第一印象は最悪最低

猗窩座の第一印象は煉獄さんを倒した嫌な奴、最悪な奴という印象を大半の人が持ったと思います。

しかし、この後の展開で猗窩座が人気キャラになるまでの大逆転劇が待っていました。

 

猗窩座は煉獄さんの仇

猗窩座は無限列車に突然現れ、鬼になれだとか、一生戦い続けようだとか訳のわからないことを言って煉獄さんを殺してしまいます。

初見の人からはお前何しにきた?煉獄さんに何してくれてんだよ!という怒りの感情を植え付けていきました。

そして最後に逃げていくため、炭治郎のぶつけた言葉通り、『煉獄さんを殺して逃げた奴』として最悪最低な印象が心に残ります。

大袈裟に言えば全視聴者の敵になっちゃったわけですね。

 

炭治郎と義勇で倒され歓喜

そしていよいよ煉獄さんの仇討ちがやってきます。

強くなった炭治郎とみんな大好き義勇さんで猗窩座を倒すことになります。

義勇さんは鬼殺隊へ導いてくれた兄弟子、煉獄さんは心の兄弟子のようなものです。

そして煉獄さんの鍔をつけた日輪刀で、あの時出来なかった日の呼吸を使って炭治郎が倒す。

この流れ、関係性がまた仇討ちの場面を盛り上げ、憎い猗窩座を倒してくれたという喜びと興奮を多くの人が持ったでしょう。

しかしここから猗窩座への印象が大逆転する鬼の過去が始まります。

 

猗窩座の過去判明でいい奴に転換!?

猗窩座は人間時代、非常に悲惨な状況が重なり鬼となっています。

 

悲惨な過去に同情

父親の死、親切にしてくれた師匠、恋人を幸せを掴みかけた瞬間に殺されてしまう絶望が猗窩座を襲いました。

これは鬼になっても仕方がないと思わせるような過去なのです。

ここで登場する人間時代の猗窩座=狛治(はくじ)さんがまたいい奴なんですよね。

そして結末があまりにも悲しくて猗窩座自体に同情してしまうのです。

しかも猗窩座の使う技全てが、恋人との思い出の花火が由来なんですよ。

猗窩座お前悪い奴じゃなかったのか…ってなっちゃうんです。

 

猗窩座の隠れていた事実が好印象

猗窩座悪い奴じゃなかったんだ…でもそれでもとモヤモヤしている感情に追い打ちをかけたのが後からわかった事実でした。

 

女を喰わなかった事が判明

女は子供を育てられる体を持っているためか、喰べるとより体や能力が強くなったようです。

しかし猗窩座は絶対に女を喰べたりしなかったんだそう。

手っ取り早く強くなる女を喰うことではなく、ひたすら技の鍛錬や強化に打ち込むことに時間を費やしていたようです。

大切な恋人のことを記憶をなくしても片隅に覚えていたのかな…猗窩座お前、めっちゃ男前でいい奴じゃないか…!!となっちゃうんですよ。

 

作者の猗窩座設定が熱い

本編の話で猗窩座の過去、人間性がわかり、猗窩座お前のこと誤解してた、結構好きだぜと気持ちが変わった読者。

そこへ原作者が本編に入れられなかったという、猗窩座のこぼれ話を最後に投入してきます。

猗窩座の技が花火が由来であることを初め、猗窩座の設定、事実が続々と語られます。

  • 技名は花火が由来である
  • 術式展開の模様が実は恋人の髪飾りと一緒
  • 使っている技は師匠に教わった素流という武術
  • 猗窩座の体の模様は罪人の刺青が元で、鬼になって罪を重ねたせいか広がって見える
  • 刀を側面から折る技の由来が恋人を守った際のいざこざが関係

この全てを知った時、ほんとの猗窩座はいい奴なんだ…という印象に変わっていることに気がつきます。

これらを経て猗窩座の印象が最悪最低から、鬼の中で一番好き!という大逆転が起きたと言えます。

こんな重たいドラマのある鬼ですから人気がある、人気になるのも当然なのかもしれませんね。

 

猗窩座(あかざ)が人気な理由は他にもある?

本編で語られた猗窩座の過去、事実で猗窩座が人気キャラになる理由がわかりました。

しかし他にも猗窩座が人気な理由がありそうです。

 

猗窩座というキャラの魅力

猗窩座は鬼ですが戦闘スタイルや、顔がそもそもかっこいキャラなんです。

 

戦闘スタイルがかっこいい

鬼であるため血鬼術も使いますが、猗窩座の戦闘スタイルの基本は武術。

その基本スタイルの武術がかっこいいので人気がありました。

使う技も迫力、スピードがすごいため技を使っている猗窩座自体もかっこいいんです。

最初に行う術式展開 破壊殺・羅針は足元に雪の結晶が広がっていって人気がありますよね。

 

猗窩座が実は結構イケメン

実は猗窩座の顔はまつ毛はバサバサ、吊り目のクールビューティーな顔立ちをしているんです。

最初は顔や体には刺青がたくさん入っていて、ぱっと見は結構ギョッとする印象を持ちます。

カラーで見ても赤ピンクの頭髪、肌の色はグレーっぽく目は金色です。

結構奇抜ですよね。

しかしよーく見てみると、刺青をとった顔は普通にイケメン。

人間時代の狛治も18歳の頃を見ればかっこいいことがわかりますよね。

 

猗窩座の信念がかっこいい

『もっと強くなりたい』

これが猗窩座の鬼時代の全ての原動力です。

強いものに敬意を払い、名前を名乗って戦いを挑む。

ここに関しては武術家という感じがしてかっこいいですよね。

また、純粋に強くなることだけを追い求めた姿にかっこよさを感じる人もいたと思います。

弱いものは殺していまえというのはいただけませんが、そこまで弱いものを嫌うのは過去が原因であることがわかるとマイナス要素にはならなくなります。

女を絶対食べなかったという信念もすごいと思います。

過去を忘れてしまっているのに、貫いている信念が実は全て過去の思い出が土台になっているところが気持ちを動かすんですよね。

 

猗窩座(あかざ)のかっこいい所をまとめてみた!

実際の猗窩座のかっこいいシーンやSNS声も一緒に見てみましょう!

 

猗窩座のかっこいいシーン

顔も美形だしかっこいいと騒がれるのも頷けます。

やはり術式展開のシーンはかっこいいですよね!

この雪の結晶がまたすごく綺麗で素敵です。

 

猗窩座の感動するシーン

この猗窩座の過去シーンは何度見ても泣けちゃいますよね

煉獄さんを倒した憎い奴なのに可哀想すぎて許せないのに許したくなる気持ちになっちゃうのすごいわかります!

 

面白いシーン

かっこいいとは離れますが、猗窩座の人気は面白いと感じる部分にもあると思います。

本人は面白くしようとしてないんですが、本気で誘っているところがすごくシュールに見えちゃうんですよね。

柱には全員振られているというところもw

 

まとめ

さて今回は、鬼滅の刃の猗窩座(あかざ)が人気の理由について調べてみました。

結論から言うと猗窩座は人気があることがわかりました!

しかし最初から人気があったわけではありません。

猗窩座の印象自体は、煉獄さんを殺して逃げた最悪最低の奴から本当はいい奴だったに変わっていったのです。

それは猗窩座が鬼になるしかなかった悲惨な過去が判明したからでした。

猗窩座の過去の出来事に同情と、猗窩座の想いに感動することで、彼の印象が大きく変わるんですよね。

最初に最低の印象からスタートしているので、好印象へ転換する材料があれば大逆転が起こるわけです。

まさに猗窩座はそのタイプでした。

そして、猗窩座の人間性、見た目のかっこよさ、持っていた信念などが人気キャラにのなる素質を元から持っていたのだとも思います。

私自身も猗窩座の印象の変化はまさにこれだったんですよね。

今では無限列車のエンディング曲『炎』の歌詞を聞いても猗窩座を思い出して泣けるまでになっていますw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です