鬼滅の刃黒死牟(こくしぼう)と縁壱は兄弟?正体や過去をまとめてみた!

鬼滅の刃 こくしぼう 兄弟

鬼滅の刃の黒死牟(こくしぼう)は十二鬼月の中でもトップの強さの鬼です。

そんな黒死牟ですが見た目は侍のような姿をして呼吸を使いますよね。

実はかつての日の呼吸の剣士である縁壱と兄弟関係にあったと言われているんです。

どうして鬼なのに鬼殺隊の剣士が兄弟なんでしょうか

黒死牟の正体っていったいなんなんでしょう。

呼吸を使うのも気になりますよね。

そこで今回は、鬼滅の刃の黒死牟の正体についてと縁壱と兄弟というのは本当なのかを調べてみたいと思います。

 

黒死牟(こくしぼう)と縁壱は兄弟!?

黒死牟は人間だったころは『継国厳勝』という名前です。

戦国時代の武士の家に生まれました

 

縁壱は双子の兄弟

実は双子であり、厳勝は兄、その弟が縁壱なのでした。

武士の家は長男が家を継ぐ決まりで、戦国時代は双子が不吉と言われていたそうです。

そのため、縁壱は10歳になったら家を出て、出家することになっていました

二人の兄弟は部屋や教育、着物や食べ物まで大きな差をつけられて育てられています

そのためか縁壱は常に母親の傍から離れない甘えている子供だと厳勝は記憶していました。

 

縁壱に脅威を感じる

跡継ぎは自分であり、縁壱はかわいそうな子供くらいに思っていた厳勝

ある日、縁壱に剣術の才能があることが分かります。

たまたま参加した剣術稽古で大人をあっという間に倒してしまったのです。

圧倒的なその才能に厳勝は嫉妬し、跡継ぎは縁壱になるのではないかという焦りと脅威と感じるようになりました。

それを察した縁壱は、母が亡くなったすぐ後、10歳になる前に家を出て消息を絶っています。

 

縁壱の存在自体に嫉妬

厳勝は母の日記を読んでさらなる嫉妬を縁壱に持つようになります。

常に母に寄り添っていた弟のことを甘えているかわいそうな子供だと思っていました。

しかし、そうではなく、縁壱は病で足が悪くなっていった母を支えていた事を知ったのです。

自分には気づけなかった事実、それを当たり前のように行っていた縁壱のすべてに嫉妬を覚えるようになるのでした。

厳勝自体が非常にプライドが高い人物だったんでしょうね。

 

黒死牟(こくしぼう)の鬼になる前の過去とは?

黒死牟が鬼になる前の過去は何をして過ごしていたのでしょうか。

 

平穏に暮らしていた

縁壱が消息を絶った後は、厳勝はそのまま家を無事に継いでいます

十数年は妻子を持ち、穏やかな日々を送っていたようです。

しかし、それらの日々は退屈で毎日の時間が長く感じていたと厳勝は言っています。

望んでいたはずの人生だったと思うのですが、それじゃ物足らない、というのがなかなかこじらせている難しい人だというのがここでも分かりますね。

 

縁壱と再会

ある日、厳勝は家臣たちと野営をしている時に鬼に襲われてしまいます

それを助けてくれたのが消息を絶っていたはずの縁壱です。

縁壱は鬼狩りとなっており、剣術が磨き上げれ、非の打ちどころのない人格者となっていたのでした。

厳勝は再会した瞬間から、またそんな縁壱への嫉妬、憎しみが噴き出してしまったようです。

平穏が破壊されてしまったと言っていますが、平穏はつまらない、でも縁壱は思い出すと辛いというわけですよね。

お兄ちゃん大変難しい人です!

 

鬼殺隊に入隊

自分も同じように剣術を極めたい、そう思った厳勝はなんと鬼殺隊に入隊しました。

家も妻子も捨ててしまったそうです。

とにかく強くなりたい、縁壱のようになりたい、そんな気持ちがすべてになってしまったんですね。

これこそ厳勝さんの望んでいた人生だったのではと思えてしまいます。

 

黒死牟(こくしぼう)が鬼になった理由は?

鬼殺隊隊士だった黒死牟。

そんな彼が鬼なってしまった理由はいったいなんだったんでしょうか。

どうやらそれにも縁壱と関係があるようです。

 

嫉妬と絶望が凄まじかった

縁壱を見た瞬間から、厳勝は過去の嫉妬や憎しみの感情に捕らえられています。

そして、呼吸法や剣術を鍛錬しますが、縁壱と同じ強さには到達できませんでした

呼吸も日の呼吸ではなく派生の月の呼吸の習得に留まります。

しかし諦められず、鍛錬を続ければ縁壱に追いつけるのかもしれないと日々苦しんでいたようです。

そして厳勝にも縁壱とそっくりの痣が出現し、痣物は寿命が短いとすぐにわかりました。

自分には鍛錬する時間もなく、未来もないと絶望していきます。

 

無惨と出会い鬼の道へ

厳勝が思い悩み苦しんでいる時に無惨と対峙します。

そこで呼吸を使う剣士を鬼にしてみたいという無惨。

技を極めたいという厳勝に、無惨は鬼になれば延々の命と他の道が選べると誘いをかけるのでした。

欲しかった道が拓かれたと感じた厳勝は鬼になることを選びました

 

厳勝にとって鬼殺隊とは

厳勝の人生は縁壱への嫉妬と憎しみですべて動かされています

鬼殺隊へ入ったのも、縁壱のように剣術が強くなりたかったからですよね。

鬼を滅殺したいとか、復習したいとか全然思っていないんです。

厳勝が鬼になった時、その時のお館様の頸を無惨に献上しているのが、すごいエピソードだと記憶に残っています。

厳勝にとって鬼殺隊はどうでも良かったとしか言いようがありませんよね。

人生すべて縁壱で始まり、縁壱で人間を辞めた厳勝

そこまで嫉妬で狂うほどの感情を持ってしまうのは兄弟というだけでなく、双子だったからなんでしょうかね…。

 

まとめ

さて今回は、鬼滅の刃の黒死牟の正体についてと縁壱と兄弟というのは本当なのかを調べてみました。

黒死牟の正体は元鬼殺隊隊士の月の呼吸の剣士でしたね。

そして双子の弟の縁壱の兄、厳勝だったことが分かりました。

縁壱の剣術の才能、人格者であることへの妬みの気持ちが厳勝を鬼になるまで動かしていました

兄弟、ましてや双子という関係もあって嫉妬の深さが半端なくなってしまったんでしょうね。

厳勝の性格の難しさやプライドの高さなども根本にあったんでしょうけども…。

嫉妬ってすごく怖いんだなって改めて思いました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です