鬼滅の刃かんろじみつりの戦い方は?呼吸を使った技まとめ!

鬼滅の刃が最終回をむかえましたね。

最終戦は柱ももちろん、炭治郎達鬼殺隊全員で戦いを繰り広げました。

恋柱である甘露寺蜜璃(かんろじみつり)もその一人。

彼女も傷つきながらたくさん頑張っていました。

そんな甘露寺蜜璃ですがどんな呼吸を使った戦い方なんでしょうか。

蜜璃は柱になっているのできっと強い技のはずです。

どんな技かとても気になりますね。

今回は、鬼滅の刃の甘露寺蜜璃(かんろじみつり)の戦い方、呼吸の技についてまとめてみたいと思います!

 

甘露寺蜜璃(かんろじみつり)は『恋の呼吸』の使い手!

甘露寺蜜璃は恋の呼吸を使って戦います。

ここでは蜜璃の戦い方についてまとめていきたいと思います。

まず、恋の呼吸とはどんなものなのか調べていきましょう。

 

恋の呼吸とは

甘露寺蜜璃の恋の呼吸とは、基本の呼吸から派生したできた呼吸となります。

 

恋の呼吸はどこからきた?

呼吸での戦い方は、日の呼吸からはじまっています。

この始まりの呼吸から、炎・水・雷・岩・風が分かれていきました。

恋の呼吸はこの基本の炎の呼吸から派生しているんだとか。

またこの呼吸は甘露寺蜜璃のみ使える戦い方のようです。

なぜ炎の呼吸が関係あったのでしょうか。

 

煉獄杏寿郎が関係していた

実は、甘露寺蜜璃は煉獄杏十郎弟子入りして継子として修業をしていました。

そのため、煉獄さんの使う炎の呼吸を習得しようとしていたんですね。

しかし、鬼殺隊士になってもなかなか思うように呼吸が使えなかったようです。

そんな中、ある鬼との戦いで自分らしい戦い方をした際に、自分の呼吸をみつけています。

その呼吸法が今の恋の呼吸と名付けられたようです。

 

日輪刀が特殊仕様

甘露寺蜜璃の日輪刀は、一般的な刀と違ってかなり特殊でした。

薄い桜色をしていて、鞭のようにしなる形をしています。

刀なので金属のはずですが、刀の動きや蜜璃の戦い方を見ると、まるで新体操のリボンのようにも見えてきますね。

この刀は体の柔軟性がある蜜璃しか扱えないようです。

 

身体能力がすごい

甘露寺蜜璃の戦い方は彼女の身体能力が大きく関わっています。

 

特異な体質

蜜璃の体は、一般的な人間の八倍の筋肉密度があります。

腕や体は細く見えても、筋肉粒々の男性なみの筋肉を持っているんだそうです。

2歳の時点で15㎏程の漬物石を持ち上げていたみたいですごいですよね。

柱になってからは、通常だと体を維持できないような攻撃を受けても、体の形を保っていられたことがありました。

さらに鍛えて強靭な肉体を持っていることがわかりますね。

 

体の柔らかさ

蜜璃は体の柔軟性が優れています。

これは修行でというより、もともと体がとても柔らかかったようです。

この柔軟性のおかげで、独特の鞭のような刀を使うことができ、体の柔らかさと特殊な筋力で斬撃を繰り出し戦っていました。

 

痣の出現でより強く

呼吸の使い手は痣の出現でより強くなると言われています。

皆を守る強い気持ちの中、全力を出した蜜璃にも痣が出現しました。

痣の形は首元にクローバーのようなハート模様です。

この痣の出現でスピードが上がった蜜璃は、戦いの中で重要な役割を果たしています。

 

甘露寺蜜璃(かんろじみつり)の技一覧!

甘露寺蜜璃恋の呼吸は五種類確認されています。

名前に猫の名前が多くついているのは、彼女が猫好きであることからみたいです。

恋の呼吸がどんな戦い方なのか見ていきましょう。

 

壱ノ型 初恋のわななき(はつこいのわななき)

刀を鞭にようにしならせ一気に斬り刻む技。

鬼は自分が切られたことも気が付かないほど一瞬で斬られています。

技の名前のわななきとは感じだと戦慄、震えるという意味です。

初恋をした瞬間のビリっと来る震えや衝撃のようなものが表現されているのかもしれないですね。

 

弍ノ型 懊悩巡る恋(おうのうめぐるこい)

高速で相手を斬り刻んでいく流れ技。

刀が円を描いているので新体操のリボンで戦っているみたいですね。

技の名前の懊悩とは悩みもだえるという意味のようです。

イメージとしては恋に悩んで身もだえし続けている感じを再現したような斬撃なんですかね。

 

参ノ型 恋猫しぐれ(こいねこしぐれ)

猫が飛び跳ねているような半月状の斬撃を広範囲に繰り出していく技。

強靭な筋力と鞭のような刃が活かされている戦い方ですね。

相手の攻撃も斬り刻んで無効にもしています。

しぐれが通り雨のようにパラパラ降る雨のことなので、この斬撃が降りそそぐような感じに見えますね。

 

伍ノ型 揺らめく恋情・乱れ爪(ゆらめくれんじょう・みだれづめ)

蜜璃の関節の柔らかさを最大限に活かしている技。

新体操のようなバク転を繰り返しながら広範囲の斬撃を繰り出していますね。

体が柔らかい分、回転の威力が増していると思われます。

こちらの戦い方も刀がリボンみたいになっていますね。

技名は揺れる恋心を乱れた爪跡で再現、みたいな感じでしょうか。

 

陸ノ型 猫足恋風(ねこあしこいかぜ)

こちらも体の柔らかさやしなやかさを活かしています。

刀で旋風のような斬撃を出す技で、広範囲攻撃も可能です。

また、自分の周りに旋風をおこしているので、防御も一緒に出来る戦い方のようですね。

技名の猫足についてはどこから来ているんでしょうか。

猫が足を舐める時に片足を上にあげるポーズがありますが、それに似ているような気がします。

もしかしたらその辺りから付けられているかもしれないですね。

 

まとめ

さて、今回は鬼滅の刃の甘露寺蜜璃(かんろじみつり)の戦い方、呼吸の技についてまとめてみました。

甘露寺蜜璃の技は恋の呼吸を使い、五種類確認することができましたね。

技の名前には恋や、蜜璃の好きな猫が使われていました。

また、身体能力が特殊で、通常の人の八倍の筋力があるのが驚きでしたよね。

あと戦っている姿がまるで新体操のリボンを使っているみたいで、アニメで動いているのが早くみたくなりました。

二期の情報がいつかあると良いですよね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です