呪術廻戦狗巻が使うおにぎりの具の意味とは?語彙をまとめてみた!

2020年10月からTVアニメで放送開始されてから、呪術廻戦は海外でも人気となりましたね!

その呪術廻戦に登場する人物、狗巻棘(いぬまきとげ)

会話する言葉はなんと「おにぎりの具」だけなんです。

普段の会話におにぎりの具でしか話さないのには、彼が言葉に呪力を込めて放つ呪言師(じゅごんし)の末裔だから。

おにぎりの具だけで会話が成立するということは、ちゃんと意味があるということですよね。

今回は、その狗巻棘が会話する時に使うおにぎりの具に意味についてまとめていきます!

 

狗巻棘はなぜおにぎりの具しか喋らないの?

東京都立呪術高専2年生の準1級呪術師である、狗巻棘(いぬまきとげ)

冒頭でもお伝えしましたが、彼が普段の会話で使うのは「おにぎりの具」しか使いません。

その理由については、まずは見ていきましょう!

 

周囲に危害を与えない為!

狗巻が特定の単語しか喋らないのは、呪言の力で自分を含め周囲に危害を与えない為なんです。

呪言とは、言霊を増幅・強制させることができる術式です。

「動くな」と言えば相手の動きを止めることができ、「爆ぜろ」と言えば相手は爆発してしまいます。

かなり強力な力であるぶん、意図せず周囲を巻き込んでしまう可能性があるんですね。

また、強い言葉を使うほど自分への反動は大きくなります。

無意識に喋ってしまう言葉で自分に反動が来る可能性もあるわけです!

そう言った理由で、狗巻棘は使う言葉を「おにぎりの具」に限定しているんですね!

 

口数が少なく、おにぎりの具でしか喋らない為、怖がられることが多い狗巻。

本当は温厚で優しく仲間に気配りができ、悪ノリが好きなひょうきんな性格なんですよ!

 

狗巻の語彙一覧!

狗巻棘が今まで使ったおにぎりの具の語彙はこちらです!(はよく使うもの)

  • しゃけ
  • おかか
  • こんぶ
  • ツナ
  • ツナマヨ
  • 高菜
  • いくら
  • すじこ
  • 明太子

以上が、狗巻が作中で使った語彙になります!

こうして見ると、よくこれで会話が成り立っているなと思いますよねw

 

ちなみに、狗巻棘が初めて言葉を発したときは初登場シーンです!

記念すべき言葉は、「おかか!!」でしたw

 

狗巻がしゃべるおにぎりの具に意味はある?

ここで、さらに気になるのが、「おにぎりの具」にどんな意みはあるのか。

原作では、

  • しゃけ=肯定
  • おかか=否定

とされています。

ほかの「具」の意味については、作者もよく分かっていないとのことですw

しかし、きっとある程度の意味(気持ち?)は込めれられているのではないかと思います。

会話の流れやシチュエーションで判断、というところでしょうか。

それを考察するのも、1つの楽しみ方ですよね!

↑のTwitteの方も、独自の解釈をされています。

 

まとめ

さて、今回は呪術廻戦の狗巻棘(いぬまきとげ)の「おにぎりの具」について、まとめてみました。

幼いころからの苦労もあり、周囲の人間に被害を与えないためために「おにぎりの具」でしか会話をしなくなった狗巻棘。

彼の優しさが伝わってきますよね。

でも、他人のスカートをはいて登場するなどお茶目なことろもあり、親近感がわいてきます。

話す言葉が「おにぎりの具」だけ。

「しゃけ」「おかか」以外は、いかようにも考えられ、どんな意味があるのか、どう解釈するのか、だけでも会話に花が咲きそうですね。

そんな優しい狗巻棘のこれからの活躍、もっとたくさんの言葉が聞ける日を楽しみにしたいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です