鬼滅の刃の禰豆子(ねずこ)はなぜ喋らない?喋れない理由を考察!

鬼滅の刃で主人公炭治郎の妹で鬼にされた禰豆子(ねずこ)

ですが、彼女は他の鬼と違うところがあります。

それは、人間を襲わないですし、食べないところですよね^^

そんなイレギュラーな存在である禰豆子(ねずこ)には、実はもう一つ他の鬼と違う点があるんです。

それは、彼女が喋らないということです!

鬼たちは元は人間なので、鬼となっても喋れる者がほとんどですよね。

もちろん彼女も元は人間なので喋れるはずなのですが…。

なぜ喋らないのでしょうか?

今回は、鬼滅の刃禰豆子(ねずこ)がなぜ喋らないのか?その理由について考察していきたいと思います!

 

禰豆子(ねずこ)が喋れない理由が謎!?


元は人間であったのに鬼にされてしまった禰豆子。

そんな彼女には他の鬼と違うところがたくさんあります。

その中でも不思議なのは、彼女が喋らないことです。

作中では、鬼としての能力が強い者はみんな人間の言葉を喋ることができます!

禰豆子の鬼としての能力が強いことは、いろんな戦闘シーンで敵である鬼も認めていますよね。

つまり、彼女には喋れるだけの能力はあるということです^^

では、なぜ彼女は喋れないのでしょうか?

実は…この理由については未だに明らかになっていません。

ですが、鬼滅の刃の世界では禰豆子の存在自体がイレギュラーです。

人間を襲わなかったり、眠らないはずの鬼が眠ったりと…。

なので、禰豆子の身体には普通ではない変化が起きていることは間違いないと思います!

謎に包まれたその理由気になりますね♪

ちなみに私は彼女が喋れないのは、竹をくわえているからだと思ってました(笑)

だってあんなものくわえて会話できないですよね!

 

禰豆子(ねずこ)はなぜ喋らない?


上記で禰豆子が喋らないことは説明しました。

彼女がなぜ喋らないのか!?

その理由については明白になっていません。

ここからは、なぜ喋れないのか!?その理由について考察していきたいと思います!

 

人を守る存在として身体を変化させるため!

禰豆子が他の鬼とは違う特徴があることはご紹介しました。

ですが、彼女が喋れないのには何か理由があるはずですよね!

それは、回復のために血ではなく睡眠で補えるように身体を変化させたことがあるように、彼女は何かを変えるために喋れないのではないか!?ということです。

鬼として人を守り、兄炭治郎を守る存在として身体を変化させているのだと思います。

実際に作中では、珠世が「禰豆子には、自我を取り戻すよりも重要で…優先することがあるのでは…。」と語っています。

なので、彼女が喋らないのは今も身体の中で大きな変化が起こっているということなのかもしれません!

禰豆子の順応力半端ないですよね(笑)

 

太陽を克服するため!

上記で、禰豆子が喋れないのは身体の中で変化を起こしているからと説明しました。

その変化として考えられるのが、【太陽を克服する身体にすること】です!

作中で、禰豆子は太陽を克服したのちに少しずつではありますが人間の言葉を喋るようになっています。

つまり、身体の変化が終わったので、珠世の言う『自我』を取り戻すことに力を注げるようになったということですよね^^

実は、鬼の中で太陽を克服できたものは禰豆子以外いないんです。

それは、鬼の始祖である鬼舞辻無惨も例外ではありません。

なので、すべての機能が太陽を克服する身体となるために向けられていたから、喋れなかったというのはある意味納得できますよね!

そんな大それた変化をしてたら仕方ないです。

禰豆子は喋らなくてもみんなとコミュニケーションとれていましたから問題ないですもんね^^

 

まとめ


今回は、鬼滅の刃禰豆子(ねずこ)がなぜ喋らないのか!?についてご紹介いたしました。

彼女がなぜ喋らないのかについては明確には分かりません。

ですが、喋れない理由はその身体を変化させるためで、さらにその変化とは太陽を克服すること。

太陽を克服した後に喋ることが出来たことを考えると納得ですよね!

いやぁ、そんな身体変化ができる禰豆子(ねずこ)は本当にすごい人だと思います。

喋れるようになった彼女がどんな変化をしていくか楽しみです。

なぜそんな変化ができるのか!?とか他の鬼との違いは!?等も気になるところですね^^

喋れるようになり、また一歩人間へと近づいている禰豆子(ねずこ)。

そんな彼女が人間に戻れる日が楽しみですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です