鬼滅の刃ってグロいけど子供に見せて大丈夫?無限列車編がトラウマと話題!

今回は、今世間でブームを巻き起こしている鬼滅の刃についてご紹介していきたいと思います。

鬼滅の刃といえば、鬼が生きている世界でこの鬼と戦う主人公を描いた物語。

出てくる敵(鬼)はどれも強い敵ばかりで、主人公たちはいつも苦戦ばかりを強いられています。

そんな鬼滅の刃では、この鬼との戦闘シーンがとてもグロいと話題になっています。

一部では、「子供に見せてもいいのか!?」「教育に悪い!!」なんて声も上がっているようです。

特に最近公開された映画『鬼滅の刃無限列車編』がトラウマになると話題になっていますね。

今回は、そんなグロいと話題の鬼滅の刃について、本当に子供に見せても大丈夫なのか検証していきたいと思います!

 

鬼滅の刃がグロすぎてトラウマと話題!


子供から大人まで人気のある鬼滅の刃。

主人公が鬼と戦い成長していく姿や兄弟や仲間との絆などそのストーリーに盛り込まれた内容に感動する!と見る人を魅了しています。

ですが、その一方で鬼と戦うシーンでは、血しぶきが舞ったり、四肢がなくなったり等グロいシーンが多いんです。

そんなシーンを見た人たちからグロい、気持ち悪い、トラウマになるとネットで話題になっていますのでご紹介していきます。

やはり鬼滅の刃は大人が見てもグロいと思う人が多いようですね。

そして、子供に見せるにはグロすぎるという意見が多いようです。

 

鬼滅の刃の無限列車がトラウマになると言われる理由は?

鬼滅の刃の映画無限列車編が公開されましたね!

この映画を見た子供たちが開始早々泣き出す、映画館内から逃げ出す…。

なんてことが起きているようでネットで話題になっています。

トラウマにならないか心配する声がたくさん上がってきているのでご紹介いたします。

子供には相当衝撃的な内容のようです

では、何故子供がトラウマになるかもしれない現象が起きているのか気になりますよね!

その理由をご紹介していきます。

 

内容がグロい!

これはマンガやアニメでも分かっていることなのですが、鬼滅の刃は何といっても内容がグロいんですよね!

映画でもそのグロさは変わらず健在で、むしろグロさがましたような気がします。

では、何がそんなにグロいのかというと…。

  • 血飛沫が舞う
  • 人の身体がバラバラになる
  • 鬼に人が食べられる
  • 鬼の首が切り落とされる

等があげられます。

鬼滅の刃は、鬼が人を食べるシーンなども省略することなく描かれているので、見たときに衝撃を受けますよね!

他のアニメや漫画だと省略されているものも多いので…。

子供が見るとショッキングな光景であることは間違いないです。

トラウマになるかもしれませんね。

 

PG12の映画!

鬼滅の刃の映画版無限列車編はなんとPG12の指定がつく映画なんです!

PG12とは、「12歳未満の子供たちは保護者の助言、指導が必要である」というものです。

ですが、12歳未満は見れないと年齢を制限するものではありません。

これは、小学生とかも見てもいいけど、内容にグロいシーンがあるので保護者の判断によりますよ。

見た後にトラウマにならないようにフォローしてください。

と言っているのです。

いろんな世代に大人気のアニメでPG指定つくものなんてあまりないですよね!

 

映画館の臨場感でトラウマに!?

子供に人気である鬼滅の刃。

映画を見にくる子供のほとんどがアニメもしくはマンガを見ていると思います。

なのになぜ映画でそんなにトラウマになってしまうのか!?というと…。

映画館特有の【暗さ】そして四方から聞こえる【臨場感のあるサウンド】この二つが関係しています。

鬼滅の刃はご説明してきた通りグロいので、暗い場所だとそのグロさも際立ちますよね。

そして、人を鬼が食べる音や首を切り落とす音など聞いていて背筋がぞくっとするような音を臨場感たっぷりに大きな音で聞いてしまったら…。

トラウマにもなりますよね^^

お化け屋敷が怖くなる原理と同じかもしれません!

 

鬼滅の刃を子供に見せてもいいの?

映画館で見ることにより更にグロさのアップする鬼滅の刃ですが、子供にみせるのか、見せないのか悩むところですよね!

そんな映画を見せる、見せないについてネットで話題になっているのでご紹介していきたいと思います。

 

賛成派の意見

子供に見せるの賛成という人の中でもやはり、鬼滅の刃はグロいと認定されていることが分かりますね。

ただ、グロいことだけを捉えて見せないというのではなく、物語の内容について子供にも訴えかけるものがあるという視点のようです!

また、保護者が判断して助言等をすることが見る上では重要になってきますね^^

ホラー映画等もグロい部分ありますが、子供って怖いけど手で目を隠しながらも間から見ちゃう(笑)

なんてことしちゃいますからトラウマになっても見たい好奇心があるのが子供かもしれませんね!

 

否定派の意見

反対派の意見としてはやはりグロい!トラウマになりそう…。

というのが多いですね。

中には子供が人を切る真似事をするのではないか!?と悪影響を気にしている方もいます。

子供にとって首が切り落とされて、血渋きが舞うなんて衝撃以外の何ものでもないですよね…。

映画は迫力もありますし、トラウマになりやすので後々影響が現れてくるなんてことになるかもしれないと考えると怖いです。

PG12がついているので、自分で善悪の判断ができるようになる頃までは見せない方がいいのかもしれないと思ってしまいます。

 

まとめ


今回は鬼滅の刃の映画版無限列車編について子供に見せても大丈夫なのか!?ご紹介しました。

鬼滅の刃がグロい作品であることは周知の事実のようですね!

そして、子供が映画館であのグロいシーンを大迫力、大音量でみるとトラウマになること間違いなしのようです。

ただ、映画の内容については感動した!泣ける!という意見多いので、子供に見せるときはグロいシーンがあることを説明する等助言が必要なようですね^^

また、大正時代が舞台ですからある意味昔の文化の勉強になるかもしれませんね♪

子供から大人まで大人気ですから、グロいことを考慮して上手く対策をたてて家族で楽しめる映画となるといいなと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です