呪術廻戦のナナミンが死亡!?最期がやばすぎて衝撃!!

呪術廻戦に登場する、1級呪術師のナナミンこと七海健人

実力も1級呪術師ということもあり、かなり強いです。

また、見た目は強面サラリーマンですが、残業が嫌い、尚且つ術式がかっこいいと人気でした。

そんなナナミンですが、ある戦いで死亡してしまったんです!

事実に即し己を律するという自分にも他人にも厳しいナナミンですが、五条悟から唯一信用されている存在。

そして、真面目で大人より子供を優先に守るという優しい方だったから、さらにツライ…。

しかし、彼の最期はどのようなものだったのでしょうか?

気になりますよね。

ということで、今回は呪術廻戦のナナミンの死亡についてまとめていきたいと思います。

 

ナナミン(七海健人)が死んだってまじ!?

呪術廻戦で人気だった七海(ナナミン)。

そんな彼が本当に死亡してしまったのかと疑いたくなるもの…。

しかし残念ながらナナミンは120話の真人との戦闘で敗北し死亡してしまいました。

ナナミンの最後は衝撃的だったようですよ。

どんな死亡シーンだったのでしょうか?

ということでナナミンの死亡シーンについて詳しく見ていきましょう。

 

ナナミン(七海健人)の死亡シーンとは?

ここでは、呪術廻戦ナナミンの死亡シーンについてご紹介していきます。

アニメ派の方、これからマンガを読もうと思っている方はネタバレになりますので、気を付けてくださいね。

 

怪我した伊地知を見て怒るナナミン

事の始まりは、99話で何者かに襲われ腹部を刺され倒れている伊地知を見たナナミン。

学生時代の苦い思い出もあり、沸々とこみ上げるナナミンの怒りはマックスになります。

そして、釘崎vsサイドテール呪詛師の対決で釘崎側がピンチな時に怒りマックスのナナミンが登場!

サイドテール呪詛師を倒し、釘崎達を無事救出。

その後ナナミンは五条悟を救出すべく、禪院直毘人、禪院真希の3人で渋谷駅に。

東京事変が始まります。

 

左半身に大やけどを負う

五条悟を救出すべく、封鎖された渋谷駅に到着したナナミンと禪院直毘人、禪院真希。

五条悟のいる地下5階にたどり着くまでに呪霊との戦いが。

その中の特急呪霊・漏瑚も。

漏瑚と一戦を交えた時に火炎放射を食らってしまったナナミン。

左半身大やけどを負ったものの、ナナミンはまだ生存しておりますよ!

しかし、重傷を負ったナナミンは意識も若干、飛び気味、気力だけで動いているような状態

そのような状態でも五条が封印されている渋谷駅副都心線ホームを目指します。

 

死亡するナナミン

ナナミンが封印された五条悟のいる地下に降りていくと、そこには真人が作り出した大勢の人造人間たちでした。

無我夢中で人造人間を斬り倒し終えたところに、真人が姿を現しナナミンの胸に手を当て、ナナミンは殺されてしまったのです。

殺される前、ナナミンは最後に微笑みながら悠仁に託します。

悠仁にとって『呪い』となるのは分かっていても…。

「虎杖君、後は頼みます。」

 

以上がナナミンの死亡シーンでした。

なんとも悲しい最期でしたね…。

『やりがい』を理由に呪術師になったナナミンはですが、あまりにもむごく思わず泣いてしまう最期でした。

最期の最期までかっこいいナナミンだったと思いませんか!?

涙なくては見られないシーンでした..。

ナナミンの最期の言葉が悠仁にとって『呪い』とならないこを願います。

 

ナナミン(七海健人)の最期についてSNSの反応

ナナミンの最期について、SNSでの反応はどんな感じなんでしょうか?

早速、見てみたいと思います。

 

↑以上が皆さんの反応でした。

「ナナミンが死亡してツライ」との声や、ナナミンの最期を悲しんでいる方がたくさんいらっしゃいます。

ナナミンが死亡したことが信じられないという声も…。

無口でかっこいいキャラでしたもんね…。

虎杖悠仁(いたどりゆうじ)にとってそれが『呪い』となるのは分かっているけど、悠仁に託した言葉が辛すぎます…。

もう自分は死ぬと分かっている状態でも悠仁を心配するナナミン。

言いたくなかったでしょうね。

1回死んで戻ってきた主人公・悠仁のように、ナナミンもかえってくることはないのでしょうか?

本誌でも渋谷事変の真っただ中のため、ナナミンが復活するかどうかは不明です。

個人的には復活してほしですね!

 

まとめ

さて、今回は呪術迴戦の七海健人の死亡についてまとめてみました。

メインキャラ並に人気が高く、かっこいいナナミン。

一度は回避した死亡フラグだったんですが、完全回避できなかったようです。

胸が痛くなる位に、かなりむごい最期でしたね…。

もし漏瑚と戦っていなかったら、大勢の人造人間がいなかったら、真人と再戦しても勝てたかもしれません。

ナナミンを惜しむ声もたくさんありました。

最期まで悠仁を心配する心優しいナナミン。

とても残念です…。

書きながら泣きそうになりました。

七海健人の死亡シーンについて気になる方は、14巻・120話に載っているので、チェックしてみてくださいね!

ということで、今回はここまでにしたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です